デリヘル店長の独り言

『深夜風俗を選ぶ・遊ぶメリットとは?』

深夜風俗と聞いて、何時からなのかなかなかピンとこないこともありますよね。一般的に深夜の時間帯は早朝や昼間より利用が増える傾向にあり、その理由は様々です。ここでは深夜でも遊べる風俗の種類から、深夜風俗のメリットまでご紹介していきます。

 

 

 

・深夜営業している風俗と時間帯

店舗型風俗は深夜営業に弱く、法律や条例により営業12時までと決められていると言われています。夜12時をすぎると一斉に店舗型は店が閉まりますので、夜12時以に降風俗で遊ぶとなると必然的に派遣型風俗店を呼ぶことになります。さらに派遣型風俗店を呼ぶ人の数が多い時間帯は2時台、3時台、5時台です。2時台、3時台はキャバクラやガールズバーなどで飲んでから遊ぶという方が多い時間帯となり、朝5時台では同じく深夜帯の仕事の方々が仕事終わりに、または寝る前にスッキリ、、、という感じでしょうか。お店によっては最終受付時間やプレイを終える時間が決まっている場合もあるので、ちゃんと時間内に終わるよう、できれば1時間ほど前から余裕を持って遊ぶことが大切です。

 

 

 

・綺麗な女性が多い

深夜風俗のいいところは、昼間に学校に通う大学生や専門学生、アパレル店員や美容師として働いている女の子が比較的たくさんいることです。この理由の1つに深夜も営業している派遣型風俗店は「好きな時に好きな時間だけ働ける」という特徴が挙げられます。

昼間がっつり仕事をしている女性でも、空いた時間に少しだけ・・・という働き方ができるので、深夜は色々なタイプの女の子が集まってくるのです。そのため、深夜に出勤してくる女の子はあまり風俗に染まっていない、街中を普通に歩いているような子に当たる確率も高いと言われています。

 

 

 

・深夜風俗を利用する際の注意点

派遣型風俗店を選べば深夜でも遊ぶことができますが、時間帯ゆえの注意点もいくつかあります。ここであえて1つ挙げる気を付けたいポイントが「騒音」です。

防音対策がしっかりされているラブホテルは大丈夫ですが、自宅に呼ぶ場合は女の子の声やベッドの軋む音がご近所トラブルの引き金になってしまうこともあります。かといって音楽を爆音にするわけにもいきません。音が心配な場合や気にせず思い切りプレイを楽しみたいなら無難にラブホテルを選びましょう。どうしても自宅で、という男性は十分に音や声に気を付けて遊びましょう。

 

 

 

・寝る前に癒される

仕事や遊びで遅くなって深夜になってしまった場合に、深夜風俗なら寝る前に癒されたい!という願望を叶えることができます。そのため深夜風俗の需要は高めで、早朝風俗より利用客が多くなるため、時間帯によっては若干待たされることもあるようです。

ただ、深夜のレストランやタクシーなどと違い、派遣型風俗店は深夜であっても通常時間帯と料金が変わらないことがほとんどです。

風俗遊びは夜が一番盛り上がる時間です。待っている間は歯磨きやシャワーなど寝る準備にあて、プレイが終わってスッキリしたらそのままベッドにダイブできる準備をしておいてもいいですね。

 

 

デリヘル店長 過去の独り言

2024年5月23日:お得に風俗を遊ぶコツ
2024年4月26日:『深夜風俗を選ぶ・遊ぶメリットとは?』
2024年4月5日:『ランカー・ナンバーって何?』
2024年3月12日:風俗の60分コースでの実際のプレイ時間はどれくらい?
2024年2月22日:『自宅に女の子を呼ぶときのマナー』
2024年2月7日:女の子とコミュニケーションを取ろう
2024年1月29日:風俗で3Pを楽しむには?
2024年1月15日:新人と業界未経験・素人系の違い
2023年12月20日:『風俗で遊ぶ時にお酒は飲んでてもいいの?』
2023年11月29日:女の子が気になる面接前のQ&A

キャスト一覧

PageTop

池袋デリヘル『東京ジョイヘブン』のロゴ