デリヘル店長の独り言

【完結・ガチ解説編】90年代が生んだ英雄。

3月4日(金曜日)

 

 

デリヘルタウン版はこちら

 

 

 

皆様ごきげんよう。

 

さて今回で既に続続続編

この調子で行けばまだまだ

続続続続続続続

 

いい加減にしろ。

キリがない。

読むのめんどい。

 

様々なお声を頂き、今回で一旦完結編とさせて頂くこのシリーズ。やはり後先考えず書き始めるとこうゆう事になりますな。たーだ仕方ない面もあるよ年代史だからそりゃ続くでしょ続いちゃうでしょ書いてるうちにあ!あれもあった!これもあった!なんてこともザラにあるでしょ。という言い訳しておきます。

じゃ早速いくよ長いよ引き返すなら今のうちだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70年代は不満爆発パンクでデストロイ。

パンク 70年代 東京ジョイヘブン ブログ

 

80年代はゴリゴリ飽きてパーリピポ。

 

皆ホップステップダンシンぐぅぅぅ。

 

てな具合に華やかな空気が世に漂う中、2つのバンドが強烈なパンチを撃ち込む。

 

ガンズメタリカである。

 

 

 

 

 

この2バンドが世のなんとなくチャラチャラした空気に真っ向から逆らい、社会に対してオマエラ女遊びばっかしてドラッグやって嘘ばっか並べてヘラヘラしてんじゃねーよ!と強烈なメッセージを叫ぶと次第に世間もそれもそうだとそちらにシフト。こんな感じで80年代後期は遊んでばかりじゃいられない、少しは社会意識も持たなきゃなと少しお堅くなりつつありました。とか言ってメタリカはゴリゴリの純メタルでメッセージもガチガチではあったけどもガンズはどーなんだろとは思いますが。君達そんなゆーといて私生活とかガチガチにドラッグ・・・・・詳細は過去記事でガンズの破天荒ぶりをどうぞ。

 

例えばガンズの場合。

 

要は70年代~80年代にかけても同じなんだけど、みんな飽きたら次の新しいものを求めるんよね単純に。そしてこの2バンドが80年代後期に絶大な支持を受け、莫大なセールスを叩きだし時代は90年代へ突入する。

 

ここでも今までと同じく音楽界に変革が起こる。

 

ガンズとメタリカは社会に対するメッセージを掲げ、若者を先導したはいいけどガンズなんかは特に初めの頃は自分らのアルバム買うな!とか言ってみたり俺らは売れるためにやってんじゃねー!ただやりたいことをやってるだけだ!なんて言ってたのに結果売れちゃった。そりゃもうたいそうお金持ちにもなっちゃった。そう辻褄が合わんのである。なので人気も少しづつ落ちていく。

 

そう。

要するに。

みんなまた飽きたんである。

次の何かを求めて。

そこに現れたのが・・・

 

グランジ

 

である。このグランジと呼ばれるジャンルの音楽は、なんてゆーかロックではあるんだけど音はそこそこ重く、ハードコアほど特別速くも激しくもない。だけどメタルやパンクの要素もあったりして言い方悪くなるが、捉えどころのないロックって感じ。

 

このグランジの代表格とされるバンド『パールジャム』『ニルヴァーナ』『サウンドガーデン』『アリスインチェインズ』などが実は80年代後期から水面下でジワジワきてて、90年代に表舞台に登場する。なぜここにタイムラグがあるかってゆーと、そもそも80年代を席巻したガンズやメタリカ、LAメタルと呼ばれるロックはLAってゆーくらいだから当然アメリカの西側で発展したものだけど、このグランジはその反対のシアトルで産声を上げてるので出始めの頃は認知度も低く注目もされてなかったんである。

 

このシアトル発のバンドがそれぞれ地道な活動で少しづつ世間に認知されはじめた91年。ニルヴァーナの『NEVER MIND』全米1位となり、ついにグランジが火を噴く。

 

過去記事にも書いたがこの誰もが1度くらいは見たことあるジャケ写。これがニルヴァーナの金字塔アルバムである。このジャケ写についての揉め事も現在起こってますがそれはそれでまた過去記事にて。

 

30年越しの言いがかり。

 

そしてタイトルにもある90年代の英雄、それこそがこのニルヴァーナのリーダーでありVo.でもあるカート・コバーンである。

 

まずカッコエエ。

人気が出るのも頷ける。しかしカートはこの爽やかなルックスにも関わらず言う事過激。過激というか、80年代が生んだロックスターへの痛烈な皮肉と不満と怒り。カートは80年代の音楽業界が音楽を商業化させるためにスターを作り上げ、金を稼ぎ、華やかなロックスターに群がる人々に対しそれを虚像、偽物、くだらないバカの集まりと言い放ち真正面からぶつかる。これが人々の心を強烈に惹きつけた。

 

特に80年代を代表するロックスターであるガンズに対して『あいつらはただのファッション野郎だ』とか、メタリカに対して『あいつらには俺のバンドのTシャツでも着させて宣伝でもさせてやる』とか、マドンナに対して『ブタ』呼ばわり、ヴァン・ヘイレンに『クソみたいなヘビーメタル』とこき下ろし、まさに言いたい放題。が、この歯に着せぬ発言が世間の興味を引き、社会現象にまでなるのである。

 

ここで70年代を思い出したあなたえらいちゃんと読んでくれてるね~、そう70年代のシド・ヴィシャスと人気の出方がどことなーく似てるんである。似てないのはルックスはもちろんだけどシドは半分作られたスターで、カートはガチガチの本物だとゆーところ。もちろんシドは僕個人も好きだし悪口言ってるわけじゃないんだけど、シドは人としてパンクロッカーに徐々になっていったのに対し、カートは本当の意味でのパンクロッカーだったんである。

 

カート・コバーンに華やかさや所謂スターのオーラというものは全くない。画面越しからも伝わってくるバンドの音と見た目は重くて暗くて歪んでて鬱蒼としてる。言ったら顔がカッコいいだけの大人しい陰キャが急に太陽の元に晒された感じにも見えて。嫌々ダルそうに演奏してるようにも見えて。それがカッコいいともてはやされるなんて本人微塵も思ってなかったから。

 

実際カートは子供の頃の両親の離婚にえらいショックを受け、引きこもりとなる。部屋で好きで聴いてた音楽がパンクだったりしたので、パンクの思想の根源でもある反骨精神はこの頃から生まれたんだろう。本を借りてきて読んだり、絵を描いたりするのも好きだったり、デビュー前のカートはほんとに普通の引きこもりのお兄ちゃんだ。性格も内向的で精神的な病気も抱えてた。ウイリアム・バロウズの『裸のランチ』

(映画化されたクローネンバーグ監督作品はタイプライターがゴキブリに変身したり世界観全てウルトラカオス状態。)

 

が好きで、そこからも影響を受けてると本人も言ってるあたり、少し重度の引きこもりだったのかなと思う。

 

学生時代はバンドもやったりしてたが、カートの音楽センスやテクニックが周りと合わずにぶつかってやめてたり。カートはパンクやりたかったのに周りはメタルをやりたいとか言うもんだから、益々カートはメタル=商業音楽に対して敵意を持っていく。後々振り返ればロックやメタル、ガンズとメタリカにしても全部が商業音楽とは言わないと思うんだけど、思春期だったカートからしたらTVや雑誌でパッと目に入る彼らがあんなにキラキラしてたらそう思っても仕方ないのかな。

 

80年代の華やかキラキラ金持ちワーキャーパーリーロックスター産業にド真正面からぶつかる、このカウンターカルチャーの申し子のような思想を持つ、けどどこにでもいそうな陰キャなお兄ちゃんこそが、図らずも時代のロックスターになってしまうんである。

 

こうなると世の中の動きは速い。瞬く間にスターになったNIRVANA、いやカートはあっちこっちから引っ張りだこ。TVつけりゃカート見ない日は無いしラジオからも『Smells Like Teen Spirit』

 

が流れなかった日は無い。くらいの勢い。ファッションモデルにも抜擢されオシャレ番長に祭り上げられるわ女の子はワーキャー言うわ、そんなん全く望んでなかった大人し~いカートにとっては苦痛以外のなにものでもなかったんだろう。でも彼女も出来て結婚もして子供も出来て、悪い事ばっかでもなかった。セールスもどんどん伸びて収入も増え、言ってみりゃ順風満帆だった。

 

ように見えた。

 

周りから見たら本当のことはわかるわけない。カートの生い立ちや本当の性格、本当にやりたかったことなんて世の中は全部無視。だってスターだから。スターは祭り上げられファッションのアイコンにもなり、まるでアイドルのような扱いを受ける。

 

ほんとは違うのに。

 

自分の結婚式にパジャマで出席し、ヒゲを剃るのも面倒で、服なんかなんでもいいしパンク好きだからボロボロの服でも気にせず出かける男が雑誌の表紙ではファッションのアイコンとして扱われるんだからデタラメな話だ。

 

元々アンダーグラウンドを主戦場として音楽やってたカートがこんな状況に耐えられるわけがない。そもそも最も嫌ってた世界の1番高いところにまさかの自分がいるんだから。あんなに嫌いだったファッションモデル、嫌いだった金持ち、嫌いだったロックスターこそが今の自分だなんて、カートはたいそう悩んでた。精神的にも益々病んでドラッグも乱用。曲を書くのも演奏するのもだるい、楽しくない、だって拍手喝采されるために音楽やってるわけでもないのにどこ行っても喝采浴びる。ライブもやりたくなけど周りはやれって言う、スターだから。最悪である。遺作となったアルバム『イン・ユーテロ』

 

を聞けば少しは察することもできたはずなのに、世間は無視したんだなこれが。そしてカートはロックスターになるキッカケとなったアルバム『NEVER MIND』が発売された3年後にあたる1994年、、、

 

 

 

 

 

 

自宅で猟銃自殺。

 

部屋でカートは1人で薬を乱用、遺書を殴り書きして自分の頭をショットガンで撃ち抜くという悲劇。90年代のロックスターは突如現れ、突如いなくなった。これが悲しい事にこのことがキッカケで世間はますますカートを神格化。亡くなった後にカートを『世界の最も偉大なギタリスト』とか『世界の最も偉大なシンガー』とか『世界の最も偉大なソングライター』とか祭り上げる。追悼番組もバカスカやってみんなで偉大なロックスターを追悼する。

 

まだやんのかよ。

 

今でもそう思います。カートはそんな偉大なもんじゃないし普通のお兄ちゃんだったし神格化とかそんなん1番望んでもなかったし。色々含めてスターではあったけど、スターって言うならせめて本人の意思を尊重してあげて欲しいわ、とクソマスメディアに思います。ちなみに70年代のスターであったシド・ヴィシャスもカートと同じく悲劇の自殺を遂げてるんですが、これはあえて触れません。シドはシドで彼女を殺して自分も後を追うという衝撃的なものでしたが、カートのケースとは背景が全く異なります。どちらも悲劇ではあるけど、スターの地位を全うし暴走して周りの静止も聞かずいくとこまで行ったシドとカートの死はまた意味が違うと思いまして。

 

ちなみにこのカートの死については、

陰謀論として他殺説もあります。

 

妻であるコートニー・ラブが薬物依存者であったこともあり、コートニーがこうなるよう仕向けた説やFBIまで絡む説など。更には27クラブと呼ばれる、カートと同じく27歳で命を落としたスター達との因果関係。特に怖いのがNIRVANAを輩出したシアトルだけで1994年に3名が死亡してるとゆー事実。内2名がコートニーと関係ある人物であること。1人がカート、もう1人がコートニー率いるバンド『ホール』のメンバーであり、このメンバーはカートの死から2か月後に自宅でオーバードーズにより死亡。などなど。どちらもドラッグ絡みのコートニー絡みとなるとこりゃ陰謀論も出ますわ。まぁこの手の話はスターの死には付き物ですけどね。

 

とにかくこのグランジという音楽。そもそもなんでブームになったのか僕は今でもあんま理解できません暗すぎる。NIRVANAのNEVERMINDだって売れはしたけどこんな曲もあるし

 

グランジの雄とされるパールジャムとサウンドガーデンはあんまり聞いてないので詳しく知りませんが、アリスインチェインズとかに至ってはこんなん

 

ですから車椅子でライブもすごいがこの空気の重さは別次元。まるで異空間です。暗い重いしかない究極の病みロック。まぁこのバンドのVo.だったレイン・ステイリーはこの異常な雰囲気からもわかる通りゴリッゴリのジャンキー

 

だったので、そりゃ作る音もこんなんなるかーとも思いますが、レインもレインで後にオーバードーズで命を落としてます。これもこれで悲しい出来事なんですが、レインクラスになるとあ~やっぱそうなっちゃったか~的な感じに。とまぁとーーーーーにかく重たく陰湿なこのグランジがブームになった90年代ってのは僕の中の7不思議の1つでもありますね。同じく90年代にはグランジ以外にモダンヘヴィネスと呼ばれるジャンルやミクスチャーも誕生しており、ここから2000年代にかけて音楽そのものが劇的な進化を遂げる時期となります。

 

 

 

 

 

 

ここに貼ったレイジアゲインストザマシーンリンプビズキットKORNリンキンパークスリップノットらはまさにこの後の時代、どころか今でもこのジャンルの先駆者、アイコンとして世界中にその名を轟かせてます。今更ながらほんとはこっちサイドの方が個人的に好きだから書きたかったな~とか思ってたりして。。。ま、90年代史でカートを語らないわけにはいかなかったのでそれはそれで。

 

時代は巡る、とはよく言いますが本当に初めから出来上がってたストーリーの如く時代は繰り返すもんです。各年代に誕生していくスターとその最後。冷静に見れば人気が出るも落ちるも全てメディアのせいな気もするけど。でここに噛みつけばそれはそれで面白おかしくカウンターカルチャーとしてスターとして祭り上げられまた時代は同じことを繰り返す。

 

これにて各年代を振り返るガチ解説編は締めとさせて頂きますが、実は2000年代に入ってもまたこのような同じようなことが繰り返されるんです。これについては皆さん自分で調べてみて下さい。

 

最後に。

 

今回取り上げたカートが最後を遂げたのが1994年4月。この1994年4月に我が日本ではどのような曲がヒットしていたか。この年だけで言えば日本ではいわゆる豊作の年と呼ばれていて、調べれば腐るほどヒット曲が出てくるんですが、僕はあえてカートが亡くなった4月5日以降で最も近いリリース日のヒット曲を探りました。

 

それがこちらです。

 

この曲は基本愛だの恋だのを歌う曲ですので今回の記事とは全くもってこれっぽっちも関係ないんですが、これを僕クラスはこの歌詞から超絶湾曲切り取りしてカートとリンクさせてみました。

 

近頃周りが騒がしい

社会の常識、親類関係

価値観、将来

妥協しない

焦らない

寂しさに負けない

何が足りない、どこが良くない

どんなに努力し続けても

物事いろいろ知ってしまうと

瞬発力が無くなるもの

夏が来る

きっと夏は来る

両手を広げて待っている

きっと夏は来る

頑張ってるんだから絶対来る

きっと夏は来る

 

そうね。妥協せず、きっと寂しい思いも沢山あっただろけどひたすら努力して突き進んで、大人になって物事いろいろ知ってしまうと周りも騒がしくなるし、昔の様に瞬発力も無くなって勢いも無くなってあの時の情熱も薄れていき。最後は行き先わからなくなってしまったカート。カートにも1994年の夏が来て欲しかったな。

 

ほらこれ完全にカートに向けた歌だったわ!

 

そんなわけで今日も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

まだまだ世の中は色々大変な状況ですが

少しでも気晴らししないと参っちゃう・・・

そんな時は・・・

東京ジョイヘブンがあるじゃないか!!

 

日頃のつまらないを解消しませんか?

モヤモヤ解消はもっぱら

 

デリヘル!!

 

本日の当たりキャラは!?

まずは恒例!モンストのキャラで表現してみました!

よかったら参考にしてください♪
ガチャ回してるみたいな感覚かな!?笑

東京ジョイヘブンは普通に遊んで頂いてももちろん満足度100%ですが

このブログを見て

更にお得に賢く遊んじゃいましょう!!

 

今年もMVP取るんじゃないか説最有力
エクスカリバー(神化)
これが伝説!無敵の東映特撮大好き美少女

らんちゃん

【17:00~5:00】

 

 

砲台役では無類の強さ!!

現役AV女優

まゆりちゃん

池袋デリヘル 東京ジョイヘブン まゆり1

【20:00~4:00

なんだかんだで安定感抜群キルア

現役AV嬢

うみゃん

池袋デリヘル 東京ジョイヘブン うみ4

【20:00~3:00

最強説浮上!弱点に刺さるソロモン

エロ過ぎて・・・

りおなちゃん

池袋デリヘル 東京ジョイヘブン りおな3

【18:00~2:00

使用頻度が高い急上昇!クラピカ

ポテンシャルはMAX

ゆあちゃん

池袋デリヘル 東京ジョイヘブン ゆあ5

【20:00~4:00

 

 

 

と本日も当店屈指のイチオシキャスト揃い!

そして以上5名いずれかのキャスト様をご指名頂いた方には
なんと・・・・・
必ずお時間10分延長
これ、やっべっぞ!
東京ジョイヘブンでは
全てのお客様にご満足頂けるよう
いつ何が起こるかわからない
ロシアンゲリライベントの1つとしてコチラ
毎日変わる日めくりPickUpキャスト
を設定させて頂いております<(_ _)>
要は・・・
その日のPickUpキャスト様をご指名頂ければ
自動的にお時間+10分サービスとゆーわけです
んーーーシンプル!
ただしこちら↓重要↓
★★★秘密の合い言葉★★★
ご予約の際は必ず
【本日限定PICKUPブログみた】
とお話にてお伝えくださいm(__)m
各女の子の出勤スケジュールはこちら
↓↓↓

出勤スケジュール

過去の店長ブログ一覧はこちら
↓↓↓
更にーーー!!
こちらも連日大盛況!!

☆キャバヘルコース☆

【自宅でもホテルでもOK!女の子を独占貸し切り!】
たっぷり2Hセット料金23000円~
(1時間飲み+ヘルスコース1時間)

 

こんな時だからこそ。
東京ジョイヘブンだから出来る夢の時間。
その名も…..

 

【キャバヘルコース】

 

1度でいいからキャバクラで女の子を落としてみたい。
1度でいいから飲み会でお持ち帰りしたい…けど全く出来ない!
そもそもこの状況じゃキャバクラにも行きずらい!
そんな貴方にジョイヘブンが贈る至極のコース!

 

通常のキャバクラならセット料金にドリンク代に指名料にTAXにあれもこれも…
おまけに街の呼び込みのお兄ちゃんの言うまま知らないお店に新規で行っちゃったりすると明らかに飲んでないものまで伝票にバカスカ記載されてて1時間でお会計20万オーバー!?おいおい待ってくださいよと言うや否や裏から色黒マッチョまるで新宿スワンの森永っすよろしくなガラ悪お兄さんが…ってオーーーーーイ💦(あくまで私の体験談的な噂の噂です)

 

大丈夫!!キャバヘルコースならそんな事も気にすることありません!!
安心宅飲み感覚で気軽に女の子をたっぷり2H貸し切れちゃいます!
まずは前半1時間、女の子と軽~く飲みながらまったりもっこり楽しいお喋りでくつろぎの時間を。
そして後半1時間は…さっきまで雑談で楽しく笑い合ってた可愛い女の子が・・・

Hに変~っ身!!!

 

しかも、東京ジョイヘブンならキャバクラではなかなかお目にかかれない現役AV女優、現役女子大生、OLさん、モデル、グラビアアイドルなどあなたのお気に入りがきっと見つかるはず!通常のヘルスコースだけじゃ何か物足りない、味気ない、もっとゆっくり余裕をもって女の子との時間が欲しいと思ってた貴方へ。期間限定のコースとなっておりますので、この機会に是非!宅飲み感覚でのんびりと!どうぞお気軽にご利用下さい♪

 

※ご指名の場合は各キャスト様ごとのプレミアム料金が別途かかります。
※他の割引との併用は出来ませんのでご了承下さい。
※お飲み物はお伺いする女の子が2本までお持ちします。お好みのお飲み物をご予約の際にお電話にてお申しつけ下さい。
※こちらのコースは対応出来ないキャスト様もおりますのでご予約時にご確認下さい。
※2時間セットのコースとなります。ロングコースの為、時間帯によっては待ち時間が生じますので事前に確認のお電話を頂けると幸いです。
さて皆様。
本日もイベント目白押しでございます。
何卒ご予約は・・・

鬼ダッシュ

でお願い致しますm(__)m
※キャバヘルコースはキャスト様により対応可否がございます。
※ランカーキャスト様に関しては別途プレミアム料金がかかります。

気になった方は急いでTEL

03-6914-1830

 

 

 

MIGグループではお客様リピート率の8割維持をテーマに抱え、日々運営に取り組んでおります。

どちらのお客様にも満足して頂けるよう、お遊びの際はお客様のその日のご予算に応じてBB(ベストなキャスト&ベストプライス)にてご案内させて頂いております。

ご案内させて頂くキャスト様も常時出勤は20名超、幅広いタイプのキャスト様がおりますので、デリヘルの総合デパートとお考え下さい。あなたのお好みのタイプが必ず見つかります。

当店では各スタッフの現場の力+女の子と考えております。オペレーターの電話対応が悪ければ,上司を呼べとお申し付け下さい。風俗店だから電話対応が悪いと印象お持ちの方は当店でお忘れ下さい。

今後もグループ内スタッフ一同、サービス向上に全力で取り組んで参ります。何卒、宜しくお願い致します。

 

MIGグループ|スタッフ一同

その他女の子一覧はこちら

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

かわいい天使達

お待ちしてます♥

※ルシファーをクリック

 

最新情報発信中!

 

公式Twitterのフォローも

よろしくお願いします🎵

QRコードで読み取り派こちら

 

Twitterはこちら

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
東京~都内23区全域 営業時間15:00~翌6:00
【東京ジョイヘブン】

お電話番号03-6914-1830

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

デリヘル店長 過去の独り言

2024年2月22日:『自宅に女の子を呼ぶときのマナー』
2024年2月7日:女の子とコミュニケーションを取ろう
2024年1月29日:風俗で3Pを楽しむには?
2024年1月15日:新人と業界未経験・素人系の違い
2023年12月20日:『風俗で遊ぶ時にお酒は飲んでてもいいの?』
2023年11月29日:女の子が気になる面接前のQ&A
2023年11月20日:風俗ポイント&ルール『風俗女子の好きなお客様タイプTOP5!』
2023年11月4日:風俗の遊び方『フリーで遊んでみよう』
2023年10月7日:風俗の無料オプションと有料オプションについて
2023年9月26日:優良な風俗店を見極めるには?

キャスト一覧

PageTop

池袋デリヘル『東京ジョイヘブン』のロゴ